インターネットなどで効率的に稼ぐ方法を特集しています。お気軽にご利用ください。 また、情報をお持ちの方からのご連絡も歓迎します。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

■ 【10万円返金保証付版】なんで今まで無かったの?株式投資の手法を競馬に応用したら、こうなった!■株式競馬■

2007-05-17 Thu 08:00
14800円で、10万円もらって下さい!!
本書の通りに運用され、サポートを受けられたにもかかわらず、
それでも黒字にならなければ

【10万円】の返金保証!

だそうです。



昔からよく「競馬で家は建たない」「飲む、打つ、買う」などと、
「競馬=悪いギャンブル」の代名詞のように使われてきました。
それもそのはず、競馬は馬券売り上げの15%をJRAが、
10%を国庫金(税金)として国が、
合計すると25%も「天引き」されてしまうのです。

早い話、1頭の馬だけが走るレースに、あなた1人だけが
100万円を賭けたとしましょう。
当然、必ずあなただけが当たりますが、100万円賭けたはずなのに
配当金は「75万円」しか返って来ないのです。
これでは、競馬で家が建たないと言われても仕方が無いでしょう。
また競馬の場合は極端に言えば「全財産を1レースに突っ込んで、
負けたらその一瞬で即破産」というパターンも十分にあります。

しかし、これらのリスクは
(1レースに全財産突っ込みは別ですが(笑))
あくまでも「まだ競馬データが確立される以前の話」で、
現在では少々時代遅れな話であると断言しても良いでしょう。

「株式への投資」も、つい一昔前までは、是も非も分からぬ物を
「株を買うようなものだ」と、こちらもやはりあまり良い意味では
使われていませんでした。
また株の場合、税金こそ10%と競馬の25%よりは低いので
年間勝率も約3割の人がプラスになると言われていますが、
売買のたびに売買手数料を取られ、
さらに2008年には税率が20%になろうとしています。
またこの「約3割」の勝ち組の大半が村○ファンドのような
「株式投資運用会社」と考えられ、こうなると「個人で」
年間トータルで勝っている人は10%程度と推測され、
条件面でも競馬とさほど変わらない状況になっています。

それなのに、いまだに競馬はギャンブル扱いですが、
現在の「株式投資に対する社会の目」はどうでしょうか?

株に関して様々なデータが集められ色々な投資方法が研究され、
今では逆にごく普通の人が「どんな株を買えばいいの?」と、
株式投資は「当たり前」になりました。

では、これだけ類似点のある「競馬」と「株式投資」、

さんざん研究されて市民権も得ている
「株式投資の手法」で競馬をやってみたら
一体どうなるでしょうか・・・??


本書に従った「買い目サイン」がハッキリと出た
5月12日東京競馬場第2レース
5月12日東京競馬場第4レース
5月12日東京競馬場第5レース
5月12日東京競馬場第6レース
5月13日東京競馬場第2レース
5月13日東京競馬場第6レース
サイン発生10レース中、6レース的中!
・本書「安定性重視」投資手法での回収率177%
・本書「高配当目的」投資手法での回収率362%

この投資ノウハウのすべてが、この本に詰まっています!

スポンサーサイト
別窓 | 効率的に稼ごう! | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

| 効率的に稼ごう!~Felixのブログ~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。